ダイビングのライセンスというのは基本的には国内で取得する人が大半だとは思います。しかし、人によっては海外でライセンスの取得を考えている人がいます。

というのも、海外でのダイビングを考えている人にとっては、海外に行ってそこでダイビングをしながらライセンスを取るということも可能だからです。だから、海外でのダイビングが目的の人は海外でライセンスの取得とダイビングを同時に行うと合理的とも言えます。

しかし、そういったやり方に関しては1つ大きな問題があるのです。海外でのライセンス取得は可能だと言えますが、日本で取得する場合と比べてスキルが高まりづらいです。

それは言葉の問題があるからで、どうしても日本語以外で講習を受けるとなると、細かいニュアンスなどが把握しづらいのです。

英語などの外国語が全く理解できないならば問題外ですが、ある程度理解できる人であっても、日本語と同程度に理解力を発揮するのは難しいでしょう。したがって、日本語ならばもっと細かく理解できるところが、外国語だとなんとなくの理解になってしまうことがあるのです。

そういった理由から、ライセンス取得時は日本にいた方が良いと言えます。そして、日本でライセンスを取得した後、海外でダイビングをすると良いのではないでしょうか?

日本だとダイビングの人気のスポットは沖縄で、数多くのダイバーが沖縄でダイビングを楽しんでいます。沖縄は人のエリアが多く、特に恩納村はとにかく人が多く駆けつける魅力的な場所になります。

だから、沖縄でも十分にダイビングを楽しむことは可能でしょう。しかし、海外には海外の魅力があり、日本の海とは違った面もあるので、海外の海で潜ってみたいと思う人がいても不思議ではないのです。

まずは日本で慣らしてから海外を考える人もいると思いますけど、慣らす場所として日本を選ぶか?海外を選ぶか?はどちらでもいい気がします。ただ、ライセンスの取得においては日本を選ぶのが良いと思うので、覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です