ダイビングをするときにはライセンスを持っておいた方が良いでしょう。沖縄などに行ってある程度自由にダイビングをしたいならば、ライセンスは欠かせません。
しかし、そのライセンスを取るときには年齢制限のようなものが事実上存在します。

したがって、特定の年齢の人に関しては希望してもライセンスは取れないという状況になっているのです。一般的に言って、その年齢制限というのは上限はほぼ存在しませんが、下限が存在します。

つまり、小さいお子さんに関しては希望してもライセンスを取るのは難しいのです。多くのダイビングショップではジュニアコースというものがあると思いますが、そういったコースにおいては10歳前後が下限になっていると思います。

つまり、そういった年齢を下回っている子に関してはダイビングのライセンスを取るのは難しいということが言えるのです。しかし、小学校高学年以上の子供であれば、ダイビングのライセンス取得のための講習を受けることができますから、そういったことは知っておきましょう。

一方で、年齢の上限に関しては多くのダイビングショップにおいて存在しない状況です。基本的にダイビングのライセンスでは何歳までという上限はほぼ設定されておらず、希望すれば高齢の人でもライセンスを取ることは可能な状況なのです。

しかし、健康状態などをチェックされるので、必ずしも絶対にライセンスの取得ができるというわけではありません。しかし、そういった問題がなければ基本的にはOKということなのです。

最終的には沖縄などに行って、そこでダイビングをするという夢を持っている人も多いでしょう。沖縄ならではの海の姿というのもあり、特に恩納村などは人気のスポットです。

しかし、そういった沖縄ダイビングに向けて、ライセンスを取ったうえでダイビングが絶対にできるとは限らないことは知っておきましょう。多くの場合には、子どもでもなければ、健康状態に問題があるという人ではないと思うので、ライセンス取得のための資格は希望者がほぼ全員が満たしている人は思いますけど、例外があるというのは知っておいてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です